主役のケイシーアフレックのカジノ映画の紹介!

主役のケイシーアフレックのカジノ映画を紹介したいと思います。オーシャンズ13は、人気映画オーシャンズシリーズの第三弾です。 前作まではそれほど重要な役どころではなかったルーベン(エリオット・グルード)は、バンクという男とカジノホテルの設立プランを練ります。しかし、そのバンクにルーベンは裏切られ、そのショックで病に臥せってしまうことに。 裏の仕事からは離れていたダニー・オーシャンでしたが、その知らせを受けてカジノホテル「バンク」への復讐を誓います。 オーシャンの仲間であるケイシー・アフレック(バージル・モロイ)は、バンクカジノのダイスへのイカサマ加工を。 リヴィングストン・デル(エディ)は、カードシャッフルマシンにイカサマを仕込むために、カードシャッフルマシンメーカーのスタッフとしてカジノバンクに侵入。 など、カジノゲームへのイカサマ細工の話題が出てきているのがこのオーシャンズ13の見どころの一つです。 その他、オーシャンズ13の中ではスロット、ルーレット、ブラックジャック、クラップスなどの話も出てきます。 そして、オーシャンズ13を見終わった人の多くはこう思うのではないでしょうか。 「私もカジノで遊びたい!」と。 ですが、実際に映画のようにラスベガスに遊びに行くのは大変ですよね。 「日本国内にカジノ施設を作る」という話も持ち上がっていますが、実現は遠そうですし……。 しかし、ラスベガスのカジノに足を運ばなくても、実は「オンラインカジノ」を利用すれば日本の自室にいながらにして、オンラインでギャンブルを楽しむ事ができるんです。 「いやいや、日本にいるんだから、法律上お金は賭けられないでしょ?」と感じるかもしれませんが、そんな事はありません。インターネットカジノの運営サーバーはカジノが合法の国に置かれていますから、日本でお金を賭けてプレイしたとしてもオンラインカジノに違法性はないんです。 ですから、安心してオンラインカジノで稼ぐことができます。 また、大手のオンラインカジノは運営にかなり力を入れていますから、オンラインルーレット、オンラインブラックジャック、オンラインスロットなど、様々なジャンルのカジノゲームで遊ぶことが可能です。中にはボーナスを利用して、一部カジノ無料ゲームをプレイできる場合もあります。 もちろん、オーシャンズ13に出てきたリアルカジノと違ってオンラインカジノには「イカサマダイス」や「イカサマカードシャッフルマシン」も出てきません。(もちろん、現実のリアルカジノにもイカサマはありませんけどね!)

ルーカス・ヘッジズ

  1996年12月12日、ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン生まれ。父は『ギルバート・グレイプ』(93/ラッセ・ハルストレム監督)の原作・脚本を手がけ、『エイプリルの七面鳥』(03)では監督も務めた作家・脚本家・監督のピーター・ヘッジズ。父が監督した『40オトコの恋愛事情』(07/ピーター・ヘッジズ監督 ※劇場未公開)で映画デビューをはたす。その後、『ムーンライズ・キングダム』(12/ウェス・アンダーソン監督)、『アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方』(12/ダンテ・アリオラ監督 ※劇場未公開)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14/ウェス・アンダーソン監督)などに出演。今作での演技でシカゴ映画批評家協会賞有望俳優賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー ブレイクスルー・パフォーマンス賞ほか数々の賞を受賞し、アカデミー賞助演男優賞にもノミネート。今や最も注目される若手俳優の一人となった。現在はノースカロライナ州立芸術大学に在学中で、通学時以外は家族と共にブルックリンに在住。

カイル・チャンドラー

  1965年9月17日、ニューヨーク州バッファロー生まれ。ジョージア大学演劇科卒業後、TVや映画、舞台で活躍。TVドラマ「フライデー・ナイト・ライツ」(06−11)のエリック・タイラー役で知られ、このドラマのファイナル・シーズンでエミー賞主演男優賞を受賞。2015年から続く人気TVドラマ「ブラッドライン」にも出演。おもな映画出演作に、『キング・コング』(05/ピーター・ジャクソン監督)、『SUPER8/スーパーエイト』(11/J・J・エイブラムス監督)、『ゼロ・ダーク・サーティ』(12/キャスリン・ビグロー監督)、『アルゴ』(12/ベン・アフレック監督)、『ブロークンシティ』(13/アレン・ヒューズ監督)、『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』(14/マーティン・スコセッシ監督)、『キャロル』(15/トッド・ヘインズ監督)などがある。

ミシェル・ウィリアムズ・ランディ

1980年9月9日、アメリカ・モンタナ州生まれ。1994年、映画『名犬ラッシー』(ダニエル・ペトリ監督)でデビュー。『ブロークバック・マウンテン』(05/アン・リー監督)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ注目を集める。おもな出演作に、共演のライアン・ゴズリングと製作総指揮も務めた『ブルーバレンタイン』(10/デレク・シアンフランス監督)、『シャッター アイランド』(10/マーティン・スコセッシ監督)、『テイク・ディス・ワルツ』(11/サラ・ポーリー監督)、『マリリン 七日間の恋』(11/サイモン・カーティス監督)、『オズ はじまりの戦い』(13/サム・ライミ監督)など。本作で、『ブロークバック・マウンテン』『ブルーバレンタイン』『マリリン 七日間の恋』に続く4度目のオスカー候補となったほか、ニューヨーク批評家協会賞などで助演女優賞を受賞した。次作は夭折した女性歌手ジャニス・ジョプリンの伝記映画『ジャニス(原題)』。